ホーム > 交通事故治療

交通事故治療

当院での交通事故治療の特徴

当院での交通事故治療の特徴

豊富な臨床経験に基づいた適切な治療で、
交通事故症例に対応します。


交通時のケガで重要なのが「神経症状の有無」です。ただし、それらが認められる場合も、軽度であれば整骨院での治療は可能となります。
また、交通事故でケガをされた場合、よくあるのが、「事故直後は問題がなかったのだが、しばらく経ってから具合が悪くなった」というケースです。
しかし、保険制度上は事故から1カ月以上経過してからの不調ですと、その痛みが事故によるものかどうかを立証しにくく、後になって問題となる場合もあります。ですから、どんなにケガが軽くても、まずしっかりと医師の診断を受ける必要があります。
また、通常は交通事故の場合、自賠責保険が適用され、治療費はかかりません。
*交通事故によるケガをされた場合は、警察への届け出、病院での診断および診断書が必要となります。

交通事故における治療の流れ(事故にあった後の注意)

STEP1
ご来院の前に、警察への届け出が済んでいる事を確認し、加害者の住所、氏名、連絡先、また事故後に受診した病院での診断名もしくは診断書をお持ちください。とくに目立ったケガがないからといって、警察に届けなかったり医師の診断を受けなかったりということは絶対に避けてください。

STEP2
予診票に、事故発生の日時、事故の状況、医師の診断内容と受診医療機関名、保険会社の連絡先、現在状況などをお書きください。

STEP3
現在、感じておられる不具合を詳しくお聞きします。とくに大切なのが、「事故を境に現れた不具合」です。気になることは何でもお話し下さい。

STEP4
神経症状の有無、機能障害の有無を調べます。神経症状があっても、軽度であれば整骨院での治療は可能となります。

STEP5
診断と治療の結果をご説明しながら、今後の治療計画を一緒に考えていきましょう。

交通事故症例の代表例:むち打ち

「むち打ち」とは?
交通事故のケガというと、みなさんが思い浮かべるのが「むち打ち」でしょう。
これは専門的には「頸部ねんざ」といわれ、何らかの衝撃によって、頸椎を支点に身体が、むちがしなるような状態になってしまうことから「むち打ち」と呼ばれています。
頸椎、胸椎、腰椎などに瞬間的な外力がかかることで、筋肉や靭帯、関節包などに損傷をもたらしてしまうのです。ここ数年、言われていることですが、「むち打ち」つまり頸部ねんざが原因で、脊髄から髄液がもれてしまうといった重篤な症例が報告されています。
「むち打ち」というと、何か「軽いケガ」のように思う方もいるようですが、実は大変こわい症例であり、適切な治療とケアが不可欠である事を覚えておきましょう。