院長ブログ

2016年3月11日 金曜日

あれから5年

こんにちは、ひかり整骨院院長です。

今日3月11日で、東日本大震災の発生からまる5年が過ぎました。

5年も経っているというのに、自身で体感した地震発生時の揺れ、次々に報道される衝撃的な映像、その後の日常生活の影響などがいまだに鮮明に思い出されます。

わたしなどでもそのくらいなのですから、実際に現地で被災された方の心情は想像もできないくらいです。

一生残る心の傷や、いろいろなものを失った喪失感など、癒えているのでしょうか?癒えるものなのでしょうか?

今日、患者さんからも身内の方のご親族が震災で亡くなられているので、合同慰霊祭に行かれるのだという話をお聞きしました。
その時の様子を聞いただけでも胸が痛みました。
きっとこれ以上の思いを抱えている方が数千人、数万人いらっしゃるのでしょう。

うまく言えませんが、犠牲になられた方のご冥福と被害に遭われた方のこれからの安穏な生活を願ってやみません。

それではまた。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 ひかり整骨院