院長ブログ

2014年4月25日 金曜日

部活動でのケガ、増えてます

こんにちは、熊谷市 ひかり整骨院院長です。

ご無沙汰してしまいました。
気がつけば桜の季節も過ぎ、すでにGWの話題が増えている時期になってしまいました。coldsweats01


年度が変わり、新学年、新入生になった生徒も多いこの時期、当院では部活動でのケガをした学生さんが増えています。
学年で言うと入学したばかりの新高校一年生と、あと少しで引退を迎える中学3年生が多いです。


高校一年生は、中学の時とは別格の練習の厳しさと環境の変化で身体への負担が大きいのでしょう。
少し前まで受験勉強で鈍ってしまった体で、急に厳しい練習を課せられればケガもしやすくなるのは当然です。

中学3年生は最後の大会を前に、練習に熱が入っている時期です。
少々の不調を感じても、無理して我慢して練習してしまう子が多いようです。


どちらの場合も言えることですが、不調を感じたら無理せず早めに処置をして早めに治すことを心がけましょう。

痛みを抱えながらの試合では実力を出し切れませんよ?
無理して悪化させてしまうと試合自体も出られなくなるかもしれません。

入部早々ケガで練習を休むことになれば、同級生のライバルに初めから差をつけられてしまいますよ?
先輩にも心象は良くないでしょうし、ずっと痛みを抱える身体になってしまう可能性もあります。


無理して頑張ってしまう気持ちも分かりますし休みたくない気持ちも分かりますけどねhappy01
無理して大成した選手を見たことがありません。
大選手ほどケガに対しては臆病です。


とくに中学生までは、熊谷市在住の方ですと「こども医療費助成制度」の適用で負担金はかかりません。
生涯ずっと使っていく身体を作る大事な時期です。
億劫がらずにしっかりケア、をお薦めしますgood

それではまたpaper

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 ひかり整骨院