院長ブログ

2014年3月11日 火曜日

震災から3年が経ちました

こんにちは、熊谷市 ひかり整骨院院長です。


未曽有の被害をもたらした東日本大震災から、今日でちょうど3年を迎えました。

昨日のテレビ番組で、事故を起こした原子力発電所の内部をレポートしていました。
まる3年経つというのに、ほとんど手つかずのままの内部の状態に愕然としました。

そして垂れ流しになっている放射性物質、汚染水。

忘れがちになっていましたが、重大な問題はまだまだ現在進行形であるということを再認識させられました。


そして今も続く被災地の方の悲しみ、苦しみ。なにも終わっていないんですね。
想像もつかないほどの苦労なんだろうと思うと胸が苦しくなります。


でもみなさん頑張っていました。現場で働く人も被災地の方々も。
人間てつよいな、日本人てつよいな、と思いました。

だから行政の人たちにはもうちょっと頑張ってもらいたい。
現地の人たちを、事故を起こした原発を、もうちょっとどうにかできませんか?
昨日の報道番組を見てそんな事を思いました。


犠牲になられた方々にはご冥福をお祈りいたします。合掌。

それではまた。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 ひかり整骨院