院長ブログ

2014年2月 6日 木曜日

交通事故のケガ

こんにちは、熊谷市のひかり整骨院院長です。


みなさんは交通事故に遭われたことはありますか?
そして交通事故でケガを負ったことはありますか?

不思議なもので、事故に遭われる方は立て続けに遭われる傾向が強い気がします。短期間に数回とか。

ご自分の過失がないにもかかわらず、ですね。本当に不思議です。


割合的には事故には遭ったことが無い、という方が多数派でしょう。
でもご注意を。明日は我が身、かもしれません。


交通事故でケガを負った場合気を付けなくてはいけないことは「甘く見ない」ことです。

「大したことない」と思っても必ず警察に届け出て、その後は病院で診察を受けましょう。
交通事故のケガは、普通にぶつけたりひねったりしたケガに比べると身体にかかる衝撃が段違いです。

身体の深奥部まで傷めている可能性もありますし、受傷部の損傷も強いことが多いです。
表面化していなくても、時間とともに症状が出てくるケースもままあります。
少なくとも一週間は気を付けていた方がいいでしょう。

当院のような整骨院では応急処置はできますが、必ずその後病院にて診断が必要になります。
二度手間を避けるために初めは病院で診察を受けた方がいいでしょう。


そして治すべき時にしっかりと治すことが大事です。

上記のようにダメージが深い場合が多いので、身体に残る痕跡、後々への影響も大きくなります。
私自身もこれで苦労しましたsad

次回以降、もう少し細かいことを書いてみたいと思います。

それではまたpaper




このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 ひかり整骨院