院長ブログ

2014年1月 8日 水曜日

寒いときの注意

こんにちは、熊谷市 ひかり整骨院の院長です。


寒さが厳しくなってきましたねtyphoon

年末年始のころは穏やかでいい日が続きましたが、ここ数日急に気温が下がった感じです。

冬は寒くならないと色々な面で不都合があるようですが、身体にとっては負担の大きい大変な時期です。


まず寒さで筋肉が緊張し、ケガをしやすくなります。

大掃除などで痛みが出た方も多かったですね。

寒さで縮こまって肩が凝った、という方も多いです。


足の冷えも問題です。

昔からよく「足腰」と言うように足と腰の関連は強いのです。

足が冷えることで腰の痛みが強くなります。立ち仕事の方はこういう症状を訴える方が多いですね。

ヒザも冷えると痛みが強くなります。


このように、冷えると神経も敏感になり、痛みを強く感じるようになります。

保温や加温に気をくばり、辛くなったら早めに対処しましょう。


逆に、ぶつけた、ひねった、などの急性期の症状では温めるのは禁忌です。

ケガをしたときの急性期の対処法は次回に。

それではまたpaper

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 ひかり整骨院