院長ブログ

2014年1月28日 火曜日

ここですね?

こんにちは、熊谷市のひかり整骨院 院長です。


今回の記事、タイトルを読んだだけでは内容が分からないですよねcoldsweats01
今回は当院の治療方針と理念についてお話したいと思います。

ホームページにも記載されていますように、当院は人間の身体にもともとある自然治癒力を最大限発揮させ、根本からの治癒を目指す方針で治療を行っています。

根本からの治癒を目指すとき、症状の「おおもと」を探し当てなければ有効な施術の指針を立てることはできません。
言ってみれば症状の根源となっている「傷口」を探し出すことから始めます。


まずは問診です。
「いつ」「どうして」「どうなったか」「今はどうすると辛いか」などのお話を聞かせていただきます。
それでおおよそどの辺が悪そうかという見当をつけます。

次に触診です。
実際に触ったり、様々な検査法から受傷部位を特定していきます。


傷めた所は傷口ができています。
もちろん体内の組織(筋肉や腱、じん帯等)ですので外から見ては分かりません(腫れがひどい場合は分かることもありますが)

触診する事で傷口の変化を察知し、受傷部位を特定します。
大きさで言うと5mmくらいの事が多いです。感触も様々で千差万別です。


ひとくちに「腰が痛い」と言っても、腰の「どの部分を傷めているか」を特定できなければ治癒への道のりは遠くなっていまいます。
逆に受傷部位の特定ができれば治癒への近道を見つけたのも同然です。

傷口を見つけ出して、患者さんに「ここですね。」と言うと「どうしてわかるんですか?」とびっくりされます。
上記のような道程を踏んで傷口を探り当てている訳ですhappy01

ここまで来られれば治癒までは遠くありませんよgood


と、当院はこのような感じの治療をおこなっております。


それではまたpaper



このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 ひかり整骨院